職場や公共スペースに便利なウォーターサーバーランキング

多くの人がウォーターサーバーを見かけたり利用した経験がある場所として、職場や病院、その他の公共のスペースがあげられるのではないでしょうか。では、実際にそのような場所へ設置するときに便利なウォーターサーバーのポイントをランキング形式で3つ紹介します。

まず、ランキング3位は災害への備えとして使えるということです。日本は、地震をはじめとした自然災害が絶えない国です。会社や公共の施設として、社員や施設に集まる人へのケアがとても重要です。ウォーターサーバーの水ボトルを保管しておくことで、災害が発生したときでも飲料水を確保することができます。交通網がマヒして自宅に帰れない社員や施設の利用者へ、安心を提供できるのは、大きなメリットです。

次に、ランキング2位はいつでもおいしい水やお湯が提供できるということです。働いている人だけでなく、そこに訪れたお客様や施設の利用者に、いつでおいしい水やお湯を出せるということは、利便性や印象をグッと向上させてくれます。たとえば、病院の待合室で順番を待っているときに、ウォーターサーバーが置いてあることで自由に水やお茶が飲めて、待つことのイライラを忘れることができたといったことは、誰もが持っている経験ではないでしょうか。こうした安らぎを提供することも可能なのです。

そして、ランキング1位はお財布にやさしいということです。職場や施設で働く人をはじめ、訪れる人が飲み物を購入する分の費用を、軽減することができます。最近では、社内に飲料水の自動販売機を設置したり、ペットボトルを無料で提供する企業も増えています。それをウォーターサーバーへ移行すれば、電気代を含めても経費の節約になる場合があります。法人向けのプランを出しているウォーターサーバーメーカーもあるので、そうしたプランを活用するとよいでしょう。

ランキングであげたように、設置した側も提供される側もともに便利なウォーターサーバーは、財布や健康の強い味方です。