便利な場面をランキングに!ウォーターサーバーのメリット

水がおいしいだけじゃない、ウォーターサーバーはこんなに便利!ランキング発表

水がおいしいだけじゃない、ウォーターサーバーはこんなに便利!ランキング発表 以前から、会社や病院などの公共のスペースでよく利用されてきたのがウォーターサーバーです。ここ最近では、ウォーターサーバーのメーカーも増えてきており、20社近くが、さまざまなサーバーや水を提供しています。それでも、多くの人から「公共のスペースでしかウォーターサーバーを利用したことが無く、家庭や自分の身近なところへサーバーを置いて利用することは想像できない」という声を聞きます。ウォーターサーバーを設置して利用することは、ハードルが高いことでしょうか。もしかすると、ちょっと面倒だと思っている人もいるかもしれません。そこで、今回はウォーターサーバーの利便性について、「ファミリー層」「ひとり暮らし」「職場や公共スペース」の3テーマに応じてランキング形式で紹介をしていきます。利便性やメリットを理解して、設置を検討する際の材料にしてください。

まずウォーターサーバーを選ぶときには、いくつかのポイントがあります。ウォーターサーバーの便利なところをみていく前に、最初に知っておくといい「ウォーターサーバー選びのポイント」をお伝えします。もしインターネット上のクチコミなども参考にすることがあれば、これから紹介するランキングのポイントに絞って調べてみるといいでしょう。

ランキングポイント1は、まず核となる「水の種類」です。ウォーターサーバーで提供する水には、天然水とRO水という2種類の水があります。天然水は文字通り天然の水で「○○の水」のように水を採取した地域などが記載されていることがあります。RO水は水をろ過処理したもので安全性が天然水よりもさらに高いことが特長です。天然水は含まれる成分にさまざまな特長があるので、おいしいコーヒーが飲みたい、ダイエットがしたいなどの要望に合わせてウォーターサーバーの水を選ぶとよいでしょう。

ランキングポイント2は、その水を飲むための「サーバーの種類」です。ウォーターサーバー本体は基本的にレンタルです。レンタル料金がかかりますが、最近ではレンタル代が無料のメーカーも増えてきました。ただ注意しなければならないのが、サーバーのレンタル料が無料の場合、水のボトルを発注する数にノルマがあることが多くなっています。そのノルマをクリアできるかどうか、契約する前によく考えておくことが必要です。少し話がそれましたが、ウォーターサーバー本体の選ぶポイントは機能です。「節電」「安全性」について各メーカーで機能が異なるので、よくチェックして契約をするようにしましょう。

ランキングポイント3は、「配達」についてです。配達の地域と方法は、各メーカーでさほど大きく差別化されているものではありませんが、念のために利用したい場所が配達地域範囲内であるかということと、配達方法を確認しておくと安心です。特に北海道や沖縄などは確認しておくとよいでしょう。次に、各利用シーン・エリアごとのランキングをみていきましょう。

トピックス

  • [2017年02月02日]
    ホームページを更新しました。

  • [2017年02月02日]
    運営者情報を追加しました。